製品案内

情報通信機器製品

放送機器

遠隔案内放送装置 IP方式

概要:

  1. 本装置は、列車遅延時などに指令所より各駅のお客様に詳細な案内放送を行う遠隔放送装置です。
  2. IPネットワークを利用することにより、単なる放送にとどまらず装置の動作状態を把握することができ、簡単な制御・監視も行うことができます。

遠隔案内放送装置 IP方式

拡大鏡

遠隔案内放送装置 IP方式システム構成

拡大鏡

特徴:

  1. IPネットワークを使用する事で、安定した高品質の放送を可能にしています。
  2. マイク放送の他、録音文・定型文放送を行うことができます。
  3. 放送先は駅個別、グループ、全一斉を選択することができます。
  4. 既設、駅放送設備のアンプ(上り・下り・コンコース)に対して放送制御を出力することができます。
  5. 駅側において上位放送(例えば、列車接近放送)と重なった場合、遠隔放送を一旦中断し、再放送することができます。(注1) 
  6. 駅側において接点出力、接点入力を行うことができます。

(注1)既設放送設備から上位放送中条件出力が取れる事が前提です。

仕様

指令側 操作部

型式 K9-C
構成 PC+17インチタッチパネルLCD
備考 デスクトップPC

指令側 送信装置 制御ユニット

型式 K9-S1C
定格
  • 放送制御32駅
  •  ・マイク入力 -20dBm(600Ω)
  •  ・音声出力  -10dBm(600Ω)
  •  ・電源 AC100V±10% 2.0A以下

指令側 送信装置 送信ユニット

型式 K9-S1S
定格
  • アナログ音声→IP交換
  •  ・マルチキャスト設定 最大32駅/1ユニット
  •  ・ユニキャスト設定  最大8駅/1ユニット
  •  ・電源 AC100V±10% 1.0A以下

駅側 受信装置

型式 K9-R1R
定格
  • IP→アナログ音声交換
  •  ・放送出力 0dBm(600Ω)
  •  ・電源 AC100V±10% 2.0A以下

駅側 モニタ卓

型式 K9-R1M
定格 放送モニタ・状態表示
備考 電源は受信装置から給電
  •  
  • ★カスタム製品も製作可能です。詳しくは担当営業へお問い合わせ下さい。