製品案内

情報通信機器製品

放送機器

トークバック装置

概要:

  1. 操車場、駅構内などで業務用の連絡および放送に使用する連絡用高声電話機(トークバック装置)です。信号扱所または駅舎内に親装置を設置し、屋外および屋内に設置される子装置と接続して、連絡通話、放送を行うことができます。

トークバック装置

トークバック装置

特徴:

  1. 親装置はCPU制御方式を採用し、大幅な電子化をはかりました。制御装置は架取付型と壁取付型があり、設置場所に対応し易くなっています。
  2. 親装置の操作卓と制御装置間はシリアル制御方式を採用しており、5対のケーブルで接続します。
  3. 制御装置の主要回路部はプラグイン式及びユニット式を採用しており、保守性の面で格段の向上がはかられています。

仕様

10回線用

操作卓型式 M7-10LAP
制御装置型式 M7-10LFC(架取付型)、M7-10LWC(壁取付型)
連絡回線 10回線
放送回線 3回線
増幅部出力 60W
入力電源 AC100V±10%

20回線用

操作卓型式 M7-20LAP
制御装置型式 M7-20LFC(架取付型)、M7-20LWC(壁取付型)
連絡回線 20回線
放送回線 3回線
増幅部出力 60W
入力電源 AC100V±10%

30回線用

操作卓型式 M7-30LAP
制御装置型式 M7-30LFC(架取付型)、M7-30LWC(壁取付型)
連絡回線 30回線
放送回線 3回線
増幅部出力 60W
入力電源 AC100V±10%
  •  
  • ◎使用子装置
  •  本システムに使用する子装置の適合品として下記の市販品があります。
  •  ①屋内用    NJZ-943A
  •  ②屋外用    PK-305
  • ★カスタム製品も製作可能です。詳しくは担当営業へお問い合わせ下さい。