製品案内

電鉄変電所用製品

直流保護装置

直流故障選択装置(ウィンド形)

形式:EFD-W-4Z(4回線)、EFD-W-2Z(2回線)

   EHC-4-30KA4(変成部)

特徴:

  1. 直流電化区間のき電回線に配置し、き電故障を保護回線電流の常時表示機能付き
  2. 2回線/台・4回線/台タイプあり2系統の電流検出で信頼性向上
  3. 一定間隔(40/80ms)の電流増加量(増加分値iw)の常時監視でき電故障を検出

工事保守:

  1. 回線毎の常時監視異常時の外部出力
  2. 自立閉鎖盤組込みタイプまたは集中配置形として提供

納期:約1ヶ月(事前準備品)~約6ヶ月(新規製作品)

ウインド形50F

拡大鏡

直流故障選択装置(F形50F)

形式:ETD-F-4Z(4回線)、ETD-F-2Z(2回線)

   EHC-M4-20K(変成部)

特徴:

  1. 直流電化区間のき電回線に配置し、き電故障を保護回線電流の常時表示機能付き
  2. 2回線/台・4回線/台タイプあり2系統の電流検出で信頼性向上
  3. DCCT(変成部)~本体間は光ケーブルでノイズ低減
  4. 一定間隔(40/80ms)の電流増加量(増加分値iw)の常時監視でき電故障を検出

工事保守:

  1. 回線毎の常時監視異常時の外部出力
  2. 回線毎に電流増加量(増加分iw)の記憶機能で保護整定を支援
  3. 自立閉鎖盤組込みタイプまたは集中配置形として提供

納期:約1ヶ月(事前準備品)~約6ヶ月(新規製作品)

F形50F

拡大鏡

直流故障選択装置(回線独立形)

形式:EFD-WI4(本体)、EHC-I4(変成部)

   *数字は電流定格に応じ、1・2・4のどれか

特徴:

  1. き電盤(1回線)取付形
  2. セクション補償必要としない弊社開発のウイド形故障検出方式の特徴を最大限に生かした故障選択継電器

工事保守:

  1. 変成部出力から本体部の故障選択処理まを二重化することで高い信頼性を実現
  2. 内部で記録され電流データを外部に提供してロケータ・システムを支援
  3. 外部機器との接続にはLAN接続が利用

納期:3ヶ月(新規製作品)

回線独立形50F

拡大鏡

直流地絡検出装置(64P・64PB)

形式:EGR-IES2-P(64P)、EGR-IES3-P(64P)、

   EGG-IES3-P(64PB)

特徴:

  1. 電鉄用変電所の構内地絡保護(64P)一構内に単数設置
  2. 構内と構外の判定機能により構内地絡を高速で除去(64PB)
  3. 連絡遮断装置との組み合わせで隣接変電所からの電流流入阻止
  4. 電源レスタイプもあり

工事保守:

  1. 構内構外の積極的判定に対応
  2. 電位差で検出のため変電所主接地と分離した接地が必要

納期:3ヶ月(新規製作品)

64P

拡大鏡

64P(EGR-IES3-P)

64PB

拡大鏡

64PB(EGR-IES3-P/EGG-IES3-P)

在来線用搬送連絡遮断装置

形式:ECIB-PSKT-2

特徴:

  1. 直流電化区間・並列き電の変電所に配置し、き電保護遮断をサポート
  2. 1台で2回線(複線又は単線の片方面)対応可伝送連絡は100msec以内
  3. 1Pメタリック通信回線で、15km程度まで伝送可能

工事保守:

  1. 延長き電/Tき電時の多数点遮断モードに対応外部信号によるモード変更も対応可
  2. 回線・伝送状態・電源を常時監視異常時はボード交換で対応可
  3. 機能試験は一方の変電所から可能(誤遮断なし)
  4. 送電線の転送遮断保護にも適用例あり

納期:約1ヶ月(事前準備品)~約3ヶ月(新規製作品)

搬送連絡遮断装置

搬送形連絡遮断装置長距離タイプ

形式:ECIB-FSK

特徴:

  1. 長距離伝送タイプ1Pメタリック通信回線で30km程度まで伝送可能
  2. 1台で4回線(複線又は単線の両方面)対応可伝送連絡は300msec以内
  3. 中継器(通信機器室等に設置)の使用で30km以上も対応可能
  4. 遮断信号の他に外部入力による情報信号(2種類)も伝送可

工事保守:

  1. 延長き電/Tき電時の多数点遮断モードに対応外部信号によるモード変更も対応可
  2. 回線・伝送状態・電源を常時監視異常時はボード交換で対応可
  3. 延長き電/T型き電時の3点遮断に対応機能試験は一方の変電所から可能(誤遮断なし)
  4. 交流区間の実績もあり

納期:約1ヶ月(事前準備品)~約3ヶ月(新規製作品)

搬送形連絡遮断装置長距離タイプ

光伝送連絡遮断装置

形式:EOIB-SM・・・各種

特徴:

  1. 新幹線の各ポスト(SS・SP・SSP・ATP)に配置し、き電保護遮断をサポート
  2. 1台で20信号(故障開放・三位開放・再投入など)の伝送が可能
  3. 1芯SM光ファイバーで、ポスト間40km程度までの長距離伝送と連絡時限10msec以内の高速伝送
  4. さまざまな機器状態に対応した中継延長が可能

工事保守:

  1. 回線・伝送状態・電源の常時監視異常時はボード交換で対応可
  2. 機能試験は自ポストだけで可能光伝送によりノイズ・雷外等の影響を受けない

納期:約4ヶ月(新規製作品)

光伝送連絡遮断装置

拡大鏡

アーク検知器

形式:EA-E1(配電盤結合部) 、A-15(検知部)、A-T3(試験器)

特徴:

  1. 直流高速度遮断器の異常な火花検知により遮断不能を検出
  2. 太陽光による誤動作無しアーク光(紫外線特定周波数)の検知により安定動作
  3. 回線毎の動作保持ランプにより動作回線の特定可能
  4. 従来品(A-13)より期待寿命延長

工事保守:

  1. 回線毎に設置従来品(A-13)と取付ピッチが同じ

納期:約1ヶ月(事前準備品)~約3ヶ月(新規製作品)

アーク検知器配電盤結合部

配電盤結合部(EA-E1)

アーク検知器検知部

検知部(A-15)